着物レンタル業者☆厳選6社

Home > 着物のレンタルについて > お手入れや保管が不要になる着物のレンタル

お手入れや保管が不要になる着物のレンタル

 衣類を良好な状態に保つためには、適切な方法で収納する必要があります。
湿気などを考慮すると共に、適切な方法で畳んでおく必要があります。
とりわけ後者の畳み方は、着物の状態を大きく左右します。
そもそもタンスなどに収納されている衣類にしても、適切に畳んでおくのが望ましいです。
畳み方が間違っていると、シワが付いてしまう事もあります。
それは着物も同様ですが、基本的には長方形になるよう畳んでおく必要があります。
それも折り目に沿って畳む必要がありますが、状況によっては和紙などを当てておくのが望ましいです。
また着物を適切な状態に保ちたいなら、湿気も考慮する必要があります。
湿度が多い場所で着物を保管していると、傷んでしまう可能性があります。
基本的にはたとう紙などに包んだ上で、収納する必要あります。

 また着用した着物は、適切にお手入れする必要があります。
例えば着物を着用した後は、汗なども取らなければなりません。
着用した直後は湿気を吸っている事も多く、それを放置すれば着物が傷んでしまいかねません。
ホコリも大切です。
ホコリは落としておく必要がありますが、その際に柔らかい布などを使う必要があります。
あまり強くこすると、着物に傷が付いてしまう事もありますから、注意が必要です。
つまり着物を持っていれば、適切な方法で保管してお手入れする必要がある訳です。
人によってはお手入れは大変だと感じている事もありますが、着物のレンタルにはそのお手入れや保管に関するメリットがあります。
借りる分には、わざわざお手入れする必要もありませんから、かなり楽になるという声も多いです。

 そもそも着物は、長期間に渡って着用し続けるとは限りません。
1回だけ何らかのイベントで着用し、その後は全く使わなくなる事もあります。
冠婚葬祭などで着用するにしても、せいぜい3日程度しか着ない事もあります。
レンタル品の場合は、使わない着物をすぐに返却する事もできます。
基本的にはレンタルの専門業者に返送する訳ですが、実店舗がある業者の場合は、そのままお店に持ち込む事もあります。
一旦返却すれば、上記のような手間のかかるお手入れも不要になりますし、保管状態に気を使う必要もありません。
保管スペースも不要になりますし、レンタルのサービスを活用している方も多いです。
また季節物の着物にしても、レンタル品が活用される事も多いです。
とりあえず夏の間だけレンタル品を借りて、冬は返却している方も多いです。
返却すれば、冬の間に保管する必要もなくなるからです。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP