着物レンタル業者☆厳選6社

Home > 着物のレンタルについて > レンタルした着物に汚れが付いた時はクリーニングすべきか

レンタルした着物に汚れが付いた時はクリーニングすべきか

 着物を買った後には、汚れの悩みが生じてしまう事があります。
せっかく買った着物ですし、あまり汚したくないと思っている方も多いです。
例えば着物に何かジュースなどをこぼしてしまうと、シミなどが付いてしまいます。
それで着物をクリーニングに出さざるを得なくなってしまう事もあります。
クリーニングの料金は、業者によって異なります。
たいていは数千円ぐらいになりますし、その出費を気にしている方も少なくありません。
ただ着用する着物に汚れが付かないよう気を使うのも、少々大変です。
レンタルは、その汚れに関するメリットがあります。
過度に汚れてしまうのは問題ですが、基本的にはそのままの状態で返却できるからです。
軽い汚れであれば、わざわざ手間をかけてクリーニングする必要はありません。

 そもそも着物をレンタルする場合は、専門業者には指定の料金を支払う事になります。
どれぐらいの料金になるかは、状況次第です。
やや高級な着物を借りる場合、5万円ぐらいになる事もあります。
そうでなければ、もっと格安に借りられるケースも多いです。
その5万円などの料金の中には、クリーニング代も含まれています。
それほど深刻でない汚れであれば、そのクリーニング代で十分対応できる訳です。
例えば上述のジュースがこぼれてしまう程度の汚れなら、たいていは追加料金はかかりません。
そのままの状態でレンタル業者に返却すれば、特に料金もかからず回収してくれます。
ただ汚れに関する考え方は、専門業者によって異なります。
汚れが気になる時は、レンタル業者の規約などを確認しておく方が良いでしょう。

 確かにレンタルというサービスは、軽い汚れであれば問題ありません。
しかし、やや深刻な汚れが付いている時は、追加料金が加算されてしまうことはあります。
何円ぐらい加算されるかは、専門業者によって異なります。
ただ汚れの基準も、業者によって異なる訳です。
ジュースがこぼれた程度の汚れは、料金加算の対象になる業者もあれば、そうでない業者もあります。
どれぐらいの汚れなら許容されるかは、専門業者が明示している規約で確認できます。
たいていは箇条書きで規約が明記されていますが、もしも汚れが不安な時は確認しておくと良いでしょう。
規約には、追加料金の具体的な数字も明記されています。
ただ、たいていの汚れは問題ありません。
1日だけレンタルする分には、それほど深刻な汚れが付かないケースが多いので、料金が加算される実例はあまり多くありません。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP